サブレ > おすすめ本 > おすすめ本4冊|ロジカルシンキングを習得しよう

おすすめ本4冊|ロジカルシンキングを習得しよう


ロジカルシンキングを習得するには実践が一番ですが、実践と一緒に読書で理解を深めるとスピーディーに体得できることでしょう。また、「そもそもロジカルシンキングって何?」という一歩目での悩みは多くの人に見られることです。一歩目の悩みを解决するために役立つ、簡単な本もあるのでぜひ参考にしてみてください。

初心者むけ

わかりやすさが重要

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

小中学生でも理解できるように、専門用語をほとんど使わずに学ぶことができます。MECE、ロジックツリーなど、どの教科書にも出てくる内容はしっかり網羅されているので大きなヌケモレもありません。逆に言うと、ある程度以上にロジカルシンキングを理解すると、かえって読みづらいかもしれません。あくまでも一歩目の理解を促進するものとして活用するのが吉です。

マンガほど、初心者むきなものはない

マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ)

どのカテゴリでも、「マンガでわかる!」シリーズは一歩目の概要理解に適しています。この本はロジカルシンキングが出来るようになることで変わっていく自分をストーリー形式で追体験できることがおすすめポイントです。体系的に理解を深めるには物足りない部分がありますので、これだけで完結することはありません。

体系的理解ができる

基本書的な位置づけに

ロジカル・シンキング (Best solution)

こちらは多少難しいけど、体系的に理解を深められるタイプです。1回の読書で全部を把握しようとするより、複数回読み直しながら読むたびに理解度を上げていく方が良いかもしれません。基本書的な位置づけになります。

これが出来るようになれば一人前

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

この本も、何回か読む・本のとおりに実践するなどの努力を要するタイプです。その分、体系的に理解し使いこなせるようになった時の業務メリットは大きくなることでしょう。プランの検討、資料の作成など、ビジネスの実務で出てくる場面に合わせたレクチャーになっているのでおすすめできます。
また、この書籍から派生した演習本なども数冊出ています。本気で極めようしたときにツールが整備されている点も良いかと思います。

他にも色々

ロジカルシンキングは習得ニーズも高いため、様々な本が出ています。書店やAmazonで探してみると、きっとご自身にあった本と巡り会えるでしょう。

参考記事はこちら

 

おすすめ本のその他記事はこちら

おすすめ本(理解と実践のコツ)|『ティール組織』フレデリック・ラルー著


マネジメント・チームビルディングについてスキルアップする上で、押さえておきたいポイントがこの本に含まれています。組織そのものに進化や発展の段階があること。そして、いま最も新しい部類に入る組織形態が「進化型(ティール)組織…続きはこちら

おすすめ本6冊|競争戦略・事業戦略・ビジネスプラン


戦略に関するビジネス書は多数出ています。正直、どれを読んだら学びになるのか全く分かりません。さらには「戦略」という言葉を何となくカッコイイから使っているというケースも多数あり、よく読んでみると全然戦略について書かれていな…続きはこちら

おすすめ本9冊|マネジメント・チームビルディング・メンバー/部下育成


メンバー・部下を持つ役割になり、チームとしての目標を達成することが求められるようになると、一人で仕事をしていた時とは見方・考え方を一気に変えなくてはならなくなります。自分が常識と思っていたことが通用しない、やって欲しいこ…続きはこちら

 

おすすめ本の記事一覧へ

 
   

サブレblogの最新記事はこちら

プライシング/値決めで押さえるべきポイント


プライシング

新しい商品をリリースする時、いくらで売れば良いのか見当もつかないケースがあります。できるだけ高く売りたいけど、売れなきゃ困る。安くすれば売れるかもしれないけど、実は安いことによって売れなかったり、売れたとしても利益が全然…続きはこちら

Voice Of Customer -新規事業/ビジネスで顧客の声を聴く方法-


新しいビジネスを始めるけど顧客の意見が分からない。いいアイデアを思いついたけど話せる誰かがいない。そんな場面、ありませんか?顧客の候補となる人から意見をもらい、ビジネスアイデア・作った商品をブラッシュアップしたほうが良い…続きはこちら

タスク管理|すぐやるべきか?期限さえ守ればいいか?


仕事をしていると出会う2大価値観。タスク即完了派と期限活用派。即完了派は「自分のタスクはその日のうちにやる、終わったら帰る」という考え方。期限活用派は「今日やらなくてはいけないことだけをやり、明日でいいものは明日やる」と…続きはこちら

Contact

partTimeCMO・oneDayCMOのご依頼や資料請求、ブログへのご質問など